プライオリティパス解説! 世界1300箇所以上の空港ラウンジが使い放題のカード

  1. Home
  2. プライオリティパス解説! 世界1300箇所以上の空港ラウンジが使い放題のカード
2020/06/01 移動・ラウンジ

プライオリティパス解説! 世界1300箇所以上の空港ラウンジが使い放題のカード

 

これまで書いてきた記事にも度々登場してきた「プライオリティパス」

世界一周旅行中、幾度となくお世話になったものの1つであり、世界一周旅行前に作っておいて良いと思ったカードである。

頻繁に飛行機移動する方には絶対にオススメできる代物なので、このプライオリティパスについて解説していこうと思う。

最初に書いておくが、私はプライオリティパス会社の回し者でもなければ、紹介して何か利益を得ようとしているわけでもない。ただのプライオリティパスの1ファンなだけである。

 

プライオリティパスとは?

プライオリティパスとは、一言で言い表すと空港ラウンジがたくさん使用できるカードのこと。

このカードを所持していると世界1300か所以上の空港ラウンジが使える。その範囲は148か国、600を超える都市にのぼるというから驚きである。

この世界一周旅行中、私は何度空港ラウンジにお世話になったか分からない。

というのも私は飛行機が大好きでこの旅行中50回以上搭乗しており、空港利用回数がかなり多かったのだ。

飛行機移動の日はやるべきこと、こなさなければいけないことが多く結構大変。おっくうな気持ちになることも多いのだが、楽しみな気持ちの方がずっと大きかった。。

何故なら空港ラウンジに訪れるのが楽しみだったから。全てはこのプライオリティパスのお陰である。

⇒プライオリティ公式サイトはコチラ

空港ラウンジとは? 魅力とメリットについて解説

空港ラウンジとは”空港内で提供される特別な待合室”のこと

どう”特別”なのかというと、食事や飲み物、その他さまざまなサービスが受けられる。

皆さんの中にはこのような経験がある人もいるのではないだろうか?

飛行機の搭乗時刻まで時間があり、レストランや免税店、空港内の椅子などで時間をつぶさなければいけない… 空港のWi-Fiの繋がりが悪い… 空港ロビー内の充電コーナーが人気で充電できなかった…

それらを一気に解決してくれるのが空港ラウンジだ。長い待ち時間が発生した場合でも空港ラウンジに入れれば快適に過ごすことが可能だ。

 

基本的に空港ラウンジ全てに備わっているサービス

・無料の食事、飲み物サービス

・無料Wi-Fiインターネット接続サービスや電子機器の充電設備

・快適な椅子やソファー、雑誌や新聞

 

ラウンジ次第では備わっているサービス

・無料のお酒提供サービス(結構な確率である)

・シャワー室

・パソコンや会議室、コピーサービス

・さまざまな有料サービス:スパ・トリートメントサービス、マッサージ、仮眠室

 

実際に空港ラウンジを利用してよかった4つのエピソード

食事、飲み物を楽しめる

私にとってラウンジ利用の1番のメリットは飲食だ。

施設によって質や内容のバラツキはあるが、必ず用意されているのが食事と飲み物。

ラウンジに行けばお腹を満たすことができるし、その土地の料理や飲み物を用意してくれているところが多いため、それが楽しみで仕方がなかった。

そしてアジアの主要空港に多いのだが、スタッフが利用者1人1人に料理を提供してくれるサービスがあるところも。出来立てを食べられるので、新鮮でとても美味しく感じた。

施設によっては地ビールや、カクテル、シャンパンやワインなども無料なことがあった。お酒好きには嬉しいサービスである。

 

*カンボジア・シェムリアップ空港のラウンジ。オムレツをその場で作ってくださった

*デンマーク・コペンハーゲン空港。デンマークのいろんな種類の地ビールが飲める

*イギリス ルートン空港 スコーンは他の国のラウンジでも度々見かけたが、スコーンにつけるクロテッドクリームが置いてあったのは初めて。さすがイギリス…。

 

Wi-Fiや充電設備が整っており、快適にPCやスマホの作業ができる

乗り換え時間が長い時、この点でどんなにラウンジに助けられただろう…。

空港のロビーでも作業できることにはできるのだが、途中でWi-Fiが切れてしまったり、充電コーナーが既に他の利用者でいっぱいになっており、使えなかった経験もあった。

ラウンジも混んでいることはあるが、殆ど100%の確立で電源プラグ、Wi-Fiは確保できる。性能の良いパソコンを置いているラウンジもあり、それにも何度かお世話になった。

 

ラウンジのシャワー利用! 水圧も温度も基本バッチリ!

観光した後そのまま空港に向かい、飛行機に乗る…。そんなスケジュールの中動いた時に重宝するのが、ラウンジのシャワーだ。中には有料のシャワーもあるが、私が利用したところは全て無料。

シンガポールからインドへ向かう時だったろうか…。インドへ向かう便が夜行便だったので、日中は観光していた。しかし高温多湿な気候の中動いたせいで、全身の肌がじっとりとしてしまっていた。

その時シンガポール空港のラウンジで浴びたシャワーがすごく気持ちよかったのを鮮明に覚えている。

もうインドに渡ったらこんなに水圧の強い、温かいシャワーにはしばらく出会えないだろうという気持ちで思いっきり浴びた。案の定インドでそれを上回るシャワーには出会えなかった。ただ1つを除いては…。

それはインドを離れる際、デリー国際空港のラウンジで浴びたシャワー。インド国内で浴びたどのシャワーよりも水圧も温度もばっちり。私が安宿ばかり泊まっているせいだということは承知だが、このシャワーの右に出るインドのシャワーはなかった。

空港ラウンジのシャワーの質は基本的に悪くない…と思う。たまに衛生状態がイマイチだと感じるところもあるにはあるらしいが、少なくとも私はまだ出会ったことがない。

 

空港泊時に便利!ラウンジでゆっくり休養をとることができる

空港泊なんてしたこともするつもりもない…という人もたくさんいるかもしれないが、空港泊をする人にとってラウンジは楽園、いや天国にもなりうる場合がある。

実際私はシンガポール、ドバイ、モロッコで空港泊をした経験があるのだが、前者2つはラウンジで時間を過ごした。

仮眠をとりやすそうなふかふかのソファーを見つけて眠るのだが、それがまた心地良いのだ。

料理や飲み物も完備されているため朝食もとれるし、充電もばっちりできるし、場合によってはシャワーも浴びれるため、空港泊に必要なものは全てそろっていると言っても過言ではない。

 

プライオリティパスが使えるのは空港ラウンジだけではない!  空港内レストランの食事が実質無料?

プライオリティパスの凄いところは数多くの空港ラウンジを使えることだけではない。空港内のレストランで使用できることもある点も大きなメリットだ。

全ての空港のレストランで使えるわけではないし、数自体は少ないがたまに出会うことがある。

 

こちらはメルボルン国際空港でプライオリティパスが使える施設一覧。プライオリティパスのホームページをスクリーンショットしたものである。⇒実際のページ:プライオリティパス公式サイト

メルボルン国際空港では6つ使用できる施設があるのだが、そのうちの3施設がレストラン。残りの3施設が空港ラウンジ。

レストランでどのように使用できるのかというと、基本2000円から4000円ほどタダになる…というもの。細かい規定はお店や空港によって色々あるため一概には言えないが、規定された金額内での食事ならタダですよというところが多かった。

 

これは私が実際に食べた食事だ。このメルボルン国際空港の3施設のレストランは36$分(日本円にして約2600円分)割引だったので、ハンバーガーとオーストラリア産のビールをオーダー。

36$以内に収まるようにオーダーしたため、お代はもちろんタダ。支払いはプライオリティパスのカードを店員に渡すだけでOK。

ここメルボルン空港以外にも、同様のサービスを利用した経験がある。普段、食費を節約している旅行者にとっては涙が出る程ありがたい特典だ。

プライオリティパスの発行方法 オススメの手に入れ方

⇒一番安く手に入る方法は楽天プレミアムカードの発行!

プライオリティパスは、公式サイトから直接申し込みすることもできるが、使い放題のプランは年会費が約5万と物凄く値段が高くつくので、クレジットカードの付帯特典として手に入れるのがオススメ。

私は楽天プレミアムカードを発行し、プライオリティパスを手に入れた。

年会費11000円かかるが、それでプライオリティパス対応の空港ラウンジが使い放題なら十分価値はあると思う。

なぜなら空港ラウンジは通常利用する場合は施設にもよるが通常3000円から4000円程度の利用料を支払わなければいけない。年に3-4回以上空港ラウンジを利用するのであれば元が取れるため、空港利用回数が多い方には是非ともオススメしたい。

最も安価に手に入れる方法として楽天プレミアムカードを紹介したが、他にもプライオリティパスが付帯特典としてついてくるクレジットカードは存在する。年間決済額が200万円以上だと年会費を払わなくても良いものや、アメックスプラチナなど年会費は高いが特典がもりだくさんなカードもあるため、自分のカード利用状況に合わせて検討するとよいだろう。

 

クレジットカードの付帯特典としてプライオリティパスを発行する場合の注意点

クレジットカードの付帯特典としてプライオリティパスを手に入れたい場合、当然ながらクレジットカードの申し込みが必要となる。長期旅行者の中には私のように辞職する人もいると思うが、退職後はカード申し込みの審査が通らないことがあるため、事前に動かなければいけない。

また楽天プレミアムカードの付帯特典としてプライオリティパスを手に入れる場合は、自動発行ではないのでそこも注意。自身のマイページから別途申し込みが必要となる。

折角クレジットカードを作ったのに、旅行までにプライオリティパスの発行が間に合わなかった…ということが発生しないよう、余裕をもったスケジュールで動くことをオススメする。

 

まとめと余談

今までプライオリティパスに関する熱い思いを述べてきたが、このカードは私の世界一周旅行に楽しみをもたらしてくれたアイテムの1つだ。

これは余談になるが、私の場合、毎回空港に到着する前まではラウンジに関する情報収集を意図的に控えるようにしていた。

利用する空港にラウンジがないことが事前に分かってしまえば移動日がつらくなってしまうし、思いがけず素敵なラウンジに出会えれば、とても嬉しい気持ちになる。

移動日を楽しく過ごすためのちょっとしたサプライズ要素として活用していた。

ラウンジの質にはばらつきがあり、良いラウンジもあれば、イマイチのラウンジもある。24時間営業のところもあれば、営業時間がかなり短いところもあるし、ご飯がすごく美味しいところもあれば、もちろんその反対も…。

しかしその差異がまた面白く、各ラウンジに現れる特徴やサービスを見ることがいつも楽しくて仕方がない。

今までおそらく40前後のプライオリティパス対応ラウンジを訪れてきたが、私の中でのNo1ラウンジは今のところ、カンボジア シェムリアップ国際空港のラウンジ。

カンボジアらしさ溢れる素敵な内装で、清潔感、高級感もあり、サービスも充実していた。もし他にオススメのプライオリティカード対応ラウンジがある人は是非教えてほしい。

今ふと思ったのが、私は一体この世界一周旅行中、ラウンジで累計何時間すごしたのだろう?ということ。

想像しただけで怖い。おそらく数日じゃすまないだろう。

 

—————————————————————

世界一周のブログランキングに参加しています。
下のリンクをクリックしていただけると励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

◎インスタグラム毎日更新しています ID:tototraveling

Instagram

◎Twitterでは世界の話・日常の話をしています

 

記事検索

カレンダー

 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031