【世界一周準備】世界一周航空券 vs LCC 世界一周旅行の移動手段について

  1. Home
  2. 【世界一周準備】世界一周航空券 vs LCC 世界一周旅行の移動手段について
2018/10/31 世界一周準備

【世界一周準備】世界一周航空券 vs LCC 世界一周旅行の移動手段について

 

世界一周旅行を決行する人が考えることの1つに「移動手段」が挙げられると思う。

おそらく大半の人は、飛行機もしくは船を使う。しかし中には自転車、自動車、バス、ヨット、徒歩などを中心として世界を周るツワモノもいるし、何を選択するかは人それぞれだ。

私は今回、基本的に飛行機で移動することに決めた。

飛行機を使用する人の中でも世界一周航空券派 or LCC派に大体は別れる。

そして私の中でも 世界一周航空券 vs LCC の戦いが繰り広げられた。本日はそれぞれの概要をふまえた上で、その戦いの経過を追っていこう。

 

世界一周航空券とは? 

世界一周航空券とは、世界一周分の複数の航空券をセットにしたものである。

複数の航空連合・航空会社が販売しており、どの世界一周航空券を購入するかによって使用できる航空会社、行ける場所、ルールが異なる。

世界一周航空券の概要に関しては、詳しく説明してくれているサイトがあるため、興味がある方はコチラを参照してほしい。⇒世界一周堂

世界一周航空券は大きく分けると”マイル制”と”大陸制”のシステムに分かれており、値段は35万〜150万とピンキリ。自身の旅行スタイルに合ったものを購入することとなる。各会社の世界一周航空券の詳細情報はコチラを参照。⇒世界一周航空券の種類

基本的に航空券を事前購入してから世界一周旅行をスタートする必要がある。旅行の途中でルート変更も可能だが手数料がかかる。

 

LCC(ローコストキャリア)とは?

LCCとは人件費・機材費を削減し、無料サービスの廃止や有料化を行うことにより、正規旅客運賃を低価格で販売している格安航空会社のことである。

日本で運行している代表的なLCCは、ピーチ、エアアジア、バニラエア、ジェットスター、春秋航空など。

定期的に開催されるバーゲンセールを利用すれば、片道1000円〜2000円台の航空券を確保することも可能だ。

こちらの場合は世界一周航空券のように事前購入する必要はなく、好きな時に航空券を購入し行きたい場所へ飛ぶことができる。

 

世界一周航空券・LCCのメリットとデメリット

概要を踏まえた上で、私が考えたそれぞれのメリット・デメリットを述べていきたい。あくまでこれは主観的なものであり一般的ではない部分もある。それを考慮した上で読んで頂ければと思う。

 

世界一周航空券のメリット

・マイルが貯まる

・ファーストクラスやビジネスクラスの世界一周航空券を購入した場合はお得な価格で搭乗できる

ファーストクラスやビジネスクラスの世界一周航空券を購入した場合は、各航空会社のラウンジが使用できることが多い

・正月や夏休み中など普通なら航空券価格が高騰する時期に搭乗しても、世界一周航空券の料金は一律のため影響がない

・食事や映像等の機内サービス、荷物の預け入れなどが基本的に無料である

 

世界一周航空券のデメリット

・使用上のルールが多すぎる

・利用できる航空会社が限定されているため、行ける場所と行けない場所がある

・世界一周航空券の使用期間が1年と決められている

 

世界一周航空券も様々な種類がある。その中で私の第一候補はワンワールドのビジネスクラス世界一周航空券だった。

ワンワールドの世界一周航空券は”大陸制”というシステムを採用しており、訪れる大陸数によって料金が定められている。大陸数の制限はあるが、走行距離の制限はないため、長距離フライトを意識的に取り入れていけばかなりのマイルが稼げる。

また、ビジネスクラスの航空券は普通に購入しようとすると1フライト20万を超えることも珍しくないが、世界一周航空券だと1フライト7万程でお得に乗車することができる点も魅力だ。

エコノミークラスの航空券を選択した場合は得なのか?という疑問を抱く方もいるかもしれない。私も実際にLCCと比較しながら飛行機代を計算した。しかしLCCのほうがトータルで考えると安価で済むという結論に至った。ビジネスクラス程の割安感は個人的に感じられなかったが、使用する飛行機や搭乗時期によってはエコノミークラスの航空券でもお得になる可能性もある。

特筆するまでもないかもしれないが、機内サービスが無料で受けられることも嬉しいポイントである。機内で映画を見たり、機内食を食べたりしながら過ごすことができる。ビジネスクラス以上の世界一周航空券を購入すれば各航空会社のビジネスラウンジが使用可能であることが多いため、飛行機の待ち時間も快適だ。

さて、そんな素敵なメリットがある世界一周航空券。メリットだけに焦点を当てると「使わない手はないのでは!?」と思えるが、デメリットもそれなりに存在する。

行ける場所や使用期間の制限など使用上のルールが多数存在し、柔軟性に欠ける。

前途の通り、世界一周航空券は事前に購入した上で旅行を始める必要がある。途中で「あ、ここにもいきたいかも!」と予定外の場所に訪れたくなった場合、ルートの変更を行わなければいけない。

手数料を払えば、世界一周航空券のルート自体を変更することは可能だ。しかし1フライトを変更すると、発着地が変わってしまうため、自然とその後のフライト予定も変更していく必要がある。

変更したい部分のみ、別に航空券を手配して使用する方法もあるが、最終的に世界一周航空券で予約しているフライトの出発空港まで戻る必要があるため、これまた時間的・金銭的ロスが生じる。

 

LCCのメリット

・世界一周航空券のようなルールや制限がないため、フレキシブルな旅行が可能である

・世界一周航空券と比較すると価格が安く済む

 

LCCのデメリット

・食事や映像サービス等の機内サービス、荷物の預け入れなどが基本的に有料である

・遅延や運休が多いためゆとりをもったスケジュールを組む必要がある

・マイルが貯まらない

 

LCCの最大のメリットは世界一周航空券のようなルールがなく、自分の行きたい時に行きたい場所へ行くことができる点である。また世界一周航空券と比較しながら計算した結果、移動費を安く済ませられることが分かった。

その反面、機内サービスや荷物の預け入れが有料であること、ゆとりをもったスケジュールを組む必要があること等のデメリットもある。

またLCCを使用する場合マイルを貯めることが難しい。世界一周航空券を使用しながら世界一周をする場合、数万マイルは貯めることができるためそれを諦めてしまうのはもったいない。

 

世界一周航空券 VS  LCC

上記のメリット・デメリットを踏まえた上熟考した結果、勝者はLCCであった。

世界一周航空券を使用した場合と比較すると、ストレスが少なく世界一周旅行を遂行できることが決め手であった。

確かに世界一周航空券を選択することで得られるメリットは数多くある。しかしルールや制限が多すぎて「ああLCCにしとけばこんな煩わしい思いしなくてよかったのに!」と後悔すると確信した。

また使用しようと考えていた世界一周航空券の搭乗可能回数は16回と決まっており、最大でも15地点しか訪れられない。私の場合、行きたい場所が多すぎるため、世界一周航空券を購入したとしても結局はLCCを別に手配しながら旅行していく必要がある。世界一周航空券だけでは必要な航空券を補えないこともLCCを選択した理由の1つだ。

マイルも貯まらないし、機内サービスも有料だし、心残りな点ももちろんある。でも世界一周航空券のルールに縛られることの方がどうしても耐えられなかった。世界一周旅行なんてそう人生で何度も経験できることではない。その貴重な時間をできるだけ自由に楽しく過ごすには、LCCの方が私には適しているという結論に至った。

 

おわりに

そういうわけで私は基本的にLCCを使用しながら世界一周旅行をすることになった。

この結論を出すまでに知人や家族に相談したが「私だったら世界一周航空券を絶対に使用する!」と話していた人も多数存在した。

行きたい場所が15地点以内に限られているだとか、半年や1年など旅行期間が決まっているだとか、快適さが第一優先!という旅行スタイルだとか、そういう場合だったら私も世界一周航空券を選んだかもしれない。

ちなみに「世界一周旅行に行く!」と周囲に報告すると「船で行くの?」と聞かれることが非常に多い。世界一周旅行 = 船で行く というイメージが世間的に強いのだろうか。

—————————————————————

世界一周のブログランキングに参加しています。
下のリンクをクリックしていただけると励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

◎インスタグラム更新中です ID:tototraveling

Instagram

◎Twitterでは世界の話・日常の話をしています

 

ゆめたび -100の夢を叶える世界一周旅行-

記事検索

カレンダー

 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031